« グラビアへの道2 | トップページ | グラビアへの道4 »

2010年12月 8日 (水)

グラビアへの道3

ヒジがペチャってなるの問題について調べていた。
きれいにヒジを曲げるには補助ボーンを入れるといいらしい。




しかしBlenderにはQuaternionという機能が付いていた。

なにやらこの機能で間接に補助ボーンを入れたのと同じ効果が出るらしい。

Bsd1207
Object Modeでボーンを選択してPanelの方でEditingを選ぶとArmatureの欄でその項目がある。

左がOff 右がOnの状態
(別ウィンドウで開きます)

Quat01 Quat02


なかなかいいではないか!!

(ふたつの画像を保存して画像ビューアでふたつを行き来してもらうと比較しやすいかな)

ヒジについては理想的。太ももは~ちょっと肉感的すぎるかな?
ヒザはちょっと前に膨らみすぎな感じだったけど、ヒザ下のエッジを一本ループ削除したらこの画像よりも良くなった。

Quaternionは特定の部分にだけ適用する事は出来ないみたいだ。
適用すると全体に効果が及ぶ。

まあ太ももに問題があったら、ヒジだけに補助ボーンを入れてみてもいいかもしれないけど、
ボーンを入れるなんて今の自分にはとても出来そうにないことだし、Blenderの中だけで終わるCGを作っているわけでもないのでボーンは極力触りたくないw

« グラビアへの道2 | トップページ | グラビアへの道4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336300/38028755

この記事へのトラックバック一覧です: グラビアへの道3:

« グラビアへの道2 | トップページ | グラビアへの道4 »