« レディ・サラ-1 | トップページ | レディ・サラ-3 »

2011年1月 5日 (水)

レディ・サラ-2

ショットは裏の警察の活動員よ。
カラバって呼ばれる組織。

裏のって言う意味を説明すると、政府の公的機関だと法律の壁にぶつかってやりたいことがやれないこともあるわよね。
そこで裏の組織としてあらゆる手段で、そう非合法な手段も時には使って悪をやっつけているの。
そして悪人どもの活動資金を奪って自分達のものにしちゃってるわ。
資金がなくなればどんな組織も活動できないわよね。
そういうことをして悪の組織をひとつづつ潰していってる。
政府系からの資金援助なんかは無いみたいね。
それでも情報は流してもらえるし、武器を卸してくれたりしているみたい。
お互いの利害が一致していて抜群のパートナーシップが築かれているわ。

そしてカラバの最大の敵となるのは必然的にブラック・ゴーストということになるわね。

私もカラバに入ったわ。
何も迷わなかった。

彼がいるところだし、私自身でも体を張って戦いたかった。
彼に任せて家でじっとしていることなんて出来ないわ。

もう幾度も実戦を経験している。
今も敵が隠れて活動拠点にしている大きな工場に潜入しているところ。
今日はこれから銃撃戦になりそうな感じがする。

私はカラバの中でも重要な活動員として一目置かれているわ。
もちろん武器の扱いなんかは素人だし、身体能力だってたいしたことはないけど。

だけどやる気だけは誰にも引けをとらないと思っている。
カラバはそういう気概を持った活動員をとても大切にしてくれる。

そして何より私を最も特徴付けているこのアンドロイドの頭。
こいつはとても固い。ピストルなんかじゃ傷すらつけることは出来ないわ。
そしてこの頭はただ脳を入れてあるだけのケースなんかじゃないの。

まず目ね。
今の私の目は暗闇でも見ることが出来るの。
赤外線?
なんか特殊な光線か何かで見ることが出来ているの。
物陰に隠れている人の形まで捕らえる事が出来るわ。
そいつが武器を持っているかどうかまで。
それについてはドクからは説明がなかった。まあ捕らえられていた時はそんなにゆっくりとした時間があったわけじゃないしね。仕方がない。
だからこの目が本当はどういう機能をもっているかは私自身もよく把握していない。まだまだ知らない機能があるのだと思う。

ある特殊なカメラで私を撮影すると、私の目から何かの光線が出ているように映ることがあるわ。
それを見た人からはたまに「目からビームが出ているそ!」と言われることがあるけど、やめてよ、からかわないでよね。
あれは私の視線の中心軸が映し出されているだけ。
まあ結局何かが私の目から放出されているには違いないけどね。
このことが何かの弱点になる事はあるのかな?
でも普通は見えない線ではあるから、別段気にする事もない、と周りの人からは言われている。

今少し離れたところから発砲音が聞こえたわ。
続けて2発、3発。すぐに仲間のところに行かなくては。

たとえ小さくても悪の組織は必ずぶっ潰していかないと。
そして私は必ず家に帰るの。無事に家に帰るところまでがお仕事よね。
そしてまた彼とのお楽しみが待っている。

036a09c2


ヘビセ→GO
(画像の体位にあうボディです)

« レディ・サラ-1 | トップページ | レディ・サラ-3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336300/38349081

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・サラ-2:

« レディ・サラ-1 | トップページ | レディ・サラ-3 »